小江戸へようこそ
小江戸へようこそ

小江戸へようこそ

500

小江戸の老舗旅館を訪れる人々の物語。「文豪 島崎藤村」にゆかりのあると聞き、宿を訪れたひとりの男。女将から藤村先生の話しを教えてもらった石橋は、悩んだ表情で女将にあることを話し始める…。

フォーマット

数量

目次

  • 第一話 文豪ゆかりの宿
  • 第二話 老舗の宿
  • 第三話 癒しの宿

原画編集ライプ版について

漫画原画に編集者がトレーシングペーパーを貼り、印刷指定の書き込みした様子を、そのままコピーしたモノです。
今では写真版(電子版)で、直接原画にネーム(台詞)をフキダシスペースに貼るという作業はしておりません。
このライブ版のような編集作業をやっていたのは 2000年代に入って間もない頃まででした。

重さ160 g
サイズ297 × 210 × 4 mm
フォーマット

ダウンロード版, 冊子版

タグ
レビューを投稿してみませんか?

レビューを書く

日本語が規定文字数以上含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

TOP